• ホーム
  • アフィリエイトで必要な文字数はどれぐらい?

アフィリエイトで必要な文字数はどれぐらい?

アフィリエイトで稼ぐためにはアクセスを集めることが大切であり、アクセス数を増やすためには検索上位に表示されることが重要となります。上位表示を目指すなら、コンテンツの質を充実させなければなりません。それでは、検索エンジンから高評価を受けるために必要なボリュームは、どの程度のものなのでしょうか。

Google等の検索エンジンは、検索ユーザーのニーズに応えるべく常にアルゴリズムを更新し続けています。このため、評価の基準は一定でなく、時期によって変化していくのが実情です。とはいえ一般的な基準として、上位表示には一定以上のボリュームが必要だといわれています。現在の所、検索上位となりやすい記事の文字数は1ページあたり1000~3000文字程度だという見方が一般的です。文字数が多いほど内容の濃いサイトだと見られ、検索エンジンから評価をされやすいといわれています。

では文字数を増やせば増やすほどアフィリエイトで稼げるかというと、そういうわけではありません。まず記事内容の質が重要となりますし、ユーザーのニーズに合った内容でなければ、成果にはつながらないでしょう。1000文字を超える長い文章が切れ目なく続いていたら、読者は途中で読むのをやめてしまいます。

検索エンジンから評価されるためには長い文章が必要、しかし長すぎる文章はユーザーにとって読みづらい、そんな問題を解決する方法の一つが、目次の設置です。ページトップに目次が設置されていれば、ユーザーは自分にとって興味がある項目を選び、目的の文章まで簡単にたどり着くことができます。目次の設置は、ユーザーにとって便利なだけでなく、検索表示にもメリットをもたらしてくれます。きちんとリンクが施されている目次は、検索結果ページ上にも表示される可能性が高いのです。検索結果ページ上の情報が整理されわかりやすくなりますから、より多くのアクセスが望めます。

文字数のボリュームや目次の有無は、あくまでも目安の一つです。実際には、500文字以下のページが検索上位に表示されるケースも存在しています。しかしより効率よく稼げるアフィリエイトサイトを作成するのなら、こうした部分にも気を配って記事を作っていく必要があるでしょう。家事や育児で忙しく長い記事を書けないという場合には、500文字以下の文章を一段落として、記事ページを頻繁に更新していくというのも一つの手です。自分に合った方法で、効率よくアフィリエイトを行っていきましょう。