• ホーム
  • クリック率が高くなるバナーやアイキャッチ画像の作成

クリック率が高くなるバナーやアイキャッチ画像の作成

アフィリエイト収益をアップするなら、アイキャッチ画像やバナーの質にもこだわりたいものです。思わず目に留まってしまう写真、キャッチーなイラストといった画像は、サイトの収益アップに大きく役立ちます。とくにアイキャッチ画像は、記事に興味を惹きつけてくれる重要な要素の一つです。アイキャッチ画像がパッとしないものだと、ユーザーはすぐに興味をそがれてしまい、サイトを離脱する確率が高くなります。

どんなアイキャッチ画像やバナーを用意するべきか、という部分はまずサイトの方向性やターゲットに合わせて考えていくべきでしょう。ただ単にデザイン性に優れているというだけではクリックにつながりません。ユーザーに、これは自分向けの内容だと感じさせることが、重要となるのです。バナーにはターゲットに合わせたキャッチコピーを添えると、より効果を高めることができるでしょう。

商品ニーズとターゲットの性質をより明確にする方法として、ペルソナマーケティングが挙げられます。ペルソナというと心理学の言葉というイメージがありますが、ペルソナマーケティングはそれほどややこしいものではありません。ターゲットの人格や商品ニーズ等をより具体的に設定し、そのイメージに合わせたマーケティングを行うという手法です。

例えばサイトのターゲットが20代の女性だという場合、ペルソナマーケティングでは具体的な年齢や職業等を設定していきます。そしてその人物に対して効果的なマーケティングを計画していく、という形です。漠然としたターゲットを相手にキャッチコピーを考えるよりも、より具体的で効果的なマーケティングを行うことが可能となります。心理学から生まれた手法を使いこなして、アフィリエイトに役立てましょう。

アイキャッチ画像やバナーを用意する際注意したいのが、ただクリックを誘導するだけでは意味がないという点です。クリックに対して購買などのアクションが発生する確率を、CTCといいます。物販アフィリエイトの場合、クリックされるだけでは収益になりませんから、実際的な成果であるCTCの高さが重要です。
デザイン性が高くひと目を引きやすいバナーはクリック率が高くなりますが、そこで紹介される商品がターゲットのニーズに合っていなければ、CTCは低下してしまいます。クリック率とCTCの違いに注意した上で、ターゲットに対して効果的なアイキャッチ画像とバナーを準備しましょう。